« 世界一幸せなお母さんになった日 | トップページ | アンチスマホ »

2013年6月 5日 (水)

不登校生・保護者向けイベント(NPOいばしょづくり)

日曜日は、不登校の子どもとその親たち向けのイベントで、無料相談を行ってきました。

気づけば、もう3年目になるのかな?

回を重ねるごとに、ご予約が増えていき、先日は4ブースがフル活動でした。

私も4組のご相談を担当。

初めのころは、1組お話を聞かせていただくだけでバテバテで、

中にはアドバイスをしない私たちのやり方に腹を立てて帰って行かれる方も

いたりして。(怖かった~!!)

それが今では連続4組のご相談をこなせるカウンセラーに育てていただきました。

このイベントでは、元不登校生の講演があったり、私たちのカウンセリングチームのトップ

早川菜々の講演があったり(なぜか私たち、チーム7(ナナ)と言っていたのに、いつのまにか早川組と呼ばれています)

各種フリースクールが集まり、学校説明会や個別相談にも応じてくれます。

会場中ほどに作られた懇談スペースでは、同じ不登校の子どもを持つ親たちが

お互いの悩みを話したり、先輩ママと情報交換をしたりできます。

どの方もみんな、お子さんの将来を心配し、先の見えない不安や、世間の目からくる

ストレスを抱えていらっしゃいます。

今回私が担当させていただいた方は、お話早々から号泣。

どこにも吐き出せなくて、たくさん涙を呑みこんで頑張って来られたんでしょうね。

思いっきり泣ける場所って、意外とないですよね。

みっともない

恥ずかしい

情けない

どうせ分かってもらえない

そんな思いから、自分の感情を押し殺して毎日を過ごしていると、

時に体の症状としてあらゆるところに出てきたりします。

たまには思いっきり泣くことも必要です。

せめて今だけでも、すぐに問題が解決しなくても、涙を呑みこんでいる人には、

思いっきり泣いて帰ってもらうということをしているため、

私たちのチームは他のスタッフから別名「泣かせ屋」なんて呼ばれたりもしています。

それでも、みなさん思いっきり泣いた後は、少しすっきりして帰っていただけます。

このイベントは、東京、横浜、名古屋などで行われていますが、

横浜会場に名古屋からいらっしゃる方がいたり、先日は群馬から来たという方も

いらっしゃいました。

どの親御さんも、子どもを不登校にしようと思って育てている方は一人もいません。

ある日突然、学校に行けなくなってしまった子どもを目の当たりにして、

どうしたらよいのか迷い、悩み、もがいて、このイベントにたどり着く方もたくさんいらっしゃいます。

もし、あなたの周りで、学校に行けず苦しんでいる親子がいたら、ぜひ教えてあげてください。

次回は、7月7日(日)東京会場スルガビル9階で行われます。

詳しくは下記をご参照ください。

http://www.ibasyo.jp/

« 世界一幸せなお母さんになった日 | トップページ | アンチスマホ »

心理関係」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。